消費者金融とクレジットカードのキャッシングは何が違うの?

消費者金融とクレジットカードのキャッシングは一見同じもののように感じますが、内容や機能が異なります。どちらを利用しようか悩んでいるのなら、特徴を比べてみましょう。

まず、利用限度額ですが、クレジットカードは一般のカードは50万~100万円前後、ゴールドカードは50万~200万円前後、プラチナカードは100円以上なのに対し、消費者金融の小規模な業者は~100万円、業者によっては500万円まで借り入れることができます。

限度額だけを見ると消費者金融が比較的優れていると言えるでしょう。やはりキャッシング中心のサービスを実地しているだけあって、限度額が高めになっています。

クレジットカードは上級のカードになればそこそこの金額まで融資を受けられますが、一般的なカードだと融資額に期待できません。また、クレジットカードも消費者金融も限度額が個別に決まっていますが、上限額は設定されていないことが多いです。

次に総量規制ですが、消費者金融もクレジットカードも総量既定により年収の1/3までしかお金を借りることができないことになっています。ですが、銀行系の消費者金融の場合は総量規制の影響を受けません。

なぜなら銀行系の消費者金融は貸金業法ではなく、銀行法が適用されるからです。年収の1/3以上の借り入れを希望している方は銀行系の消費者金融も候補に入れるといいでしょう。

審査方法はどちらも共通してインターネットから審査を受けることができ、クレジットカードの場合は店舗窓口がなく、インターネットだけで受け付けていることもあります。

自動契約機はクレジットカードにはない消費者金融だけのシステムになり、窓口に行かなくても審査を受けてカードを発行できます。

最後にイメージですが、消費者金融よりもクレジットカードのほうが良いイメージを持っている方が多いようです。クレジットカードは買い物で使っている人が多いので、借金というイメージには結び付きにくいことが背景にあります。

理想のキャッシング会社とは

理想のキャッシング会社というのは一体どのような会社でしょうか。低金利、高い設定の借入限度額、申し込み当日から現金を引き出す事ができる。もしもこのようなキャッシング会社があれば、利用したいものですよね。

低金利だということは、多額の借り入れをしたとしても、借入金に対する利息も低くて済みます。利息が低いということは、返済に苦しまずに済むということです。

普段収入が高くない人ほど、低金利というのは魅力的です。お金を借り入れたときの大変なケースというのは、お金を返済しても利息に充てられるだけで実際に借りたお金が減っていってくれない、といったケースだと思います。

ですが低金利ということは利息も少額で済みますので、返済金で元本を減らしていく事が可能です。元本に返済金を当てられるということは、すべて返し終わるまでの時間を短くする事ができますよね。

次に高い設定の借入限度額になりますが、限度額が上がればそれだけ欲しいものを手に入れやすくなるということです。銀行系のカードローンのケースでは、500万円まで借り入れる事ができる銀行もあると聞きます。

多額の融資を受けられれば、車やバイクなどの購入資金にできたり、安価な土地や建物だって購入するきっかけにできるでしょう。

お金を持っているという事が、人の未来を左右する事は多いです。だからこそ、キャッシング会社がどれだけの借入限度額を提示しているかを把握することは、とても大切なことだと言えます。

そして申し込み後の審査に関してですが、審査の結果が早くわかるかどうかというのは、多額の支払いを抱えている人にとっては、とても重要なポイントになるといっていいでしょう。

もしも審査のスピードがのんびりしてしまうと、支払いが遅れることによって生まれてしまい賠償金も問題ですが、それ以前の信用問題も大きいです。申し込み後即日振込みが叶えば、決まった日までに現金を準備する事ができますし、信用度に傷が付くこともありません。

上記のようなキャッシング会社を選ぶ際のポイントは、最近では様々なキャッシング業者で用意している事となりますが、同じ条件を提示している企業が多数のケースでは、「無利息キャンペーン期間」があるかどうかで選択するのがオススメです。

無利息期間というのは、そのこと場同様、利息が掛からない期限の事です。無利息期間中は例えた額のキャッシングを行ったとしても、利息はゼロのまま。利息の返済なしで、借入金だけの返済で済みます。利用者にとってはお得なキャンペーンですので、ぜひ利用したいところです。

キャッシング方法の選択の仕方

年々キャッシングを利用する人は増加している傾向だと言われています。気にはなっているけど申し込み方がわからないという人や、利用方法を知らないという人も少なくないようです。

またキャッシング会社も最近では多く存在していますから、どのキャッシング会社を選んで良いのか迷ってしまう、なんていう話も良く聞きます。

キャッシング方法は以前からある方法に新しい方法が加わったり、利用者が活用しやすい方法を選べたり、といった事が普通になってきました。勿論キャッシング会社によって詳しい方法が変わってきますが、多くの企業が用意している申し込み方法を簡単に説明させて下さい。

まずは窓口や電話での融資の申し込みになります。一番スタンダードな申し込みになり、キャッシング会社のスタッフさんと返済方法などを確認しながら、審査に通った後は、借り入れができるようになります。

次に、無人契約機での申し込みですが、最近ではポピュラーになりましたね。無人契約機のあるスペースに入り、申し込みを自分で行います。

無人になりますのでスタッフと打ち合わせをしながらということではありませんが、その場でキャッシュカードの発行ができたり、キャッシングも可能です。

さらには借り入れの申し込みを郵送で行う方法もあります。予め用意した書類に必要事項を埋めた後、キャッシング会社宛にそれらを送り、審査を受ける形になります。

直接キャッシング会社に出かけなくても済む方法です。仕事に追われてキャッシング会社の営業時間に間に合わない人などは助かりますよね。

ラストは一番最近生まれた申し込み方法で、インターネットで借り入れの申し込みをするやり方になります。パソコン以外にも、携帯やスマホから申し込む事ができ、ネットでの申し込みを始め、郵送や窓口での申し込み予約などもできる、便利な方法となっています。

キャッシング申し込みの方法は昔と比べて増え、利用者にとっては自分らしい申し込み方法が出来るようになりました。また手軽に申し込めるようになっています…が、そのために、しっかりとキャッシングについて把握できていないままお金を借りてしまい、トラブルになることもあるようです。

もしも利用者の方が初めてキャッシングを行う、もしくは多額の融資を受けたいといった場合は、出来れば窓口まで足を運び、スタッフに相談しながらキャッシングの審査を受けてもらえたらと思います。

とはいえ、人によっては店舗まで行く時間がないという人もいるでしょう。その場合は自分の時間に合わせてキャッシング申し込みのできるインターネットでの申し込みがオススメですが、返済方法や返済日をきちんと確認、把握した上で利用するようにしてください。

申し込みをし、審査を通って、借り入れるまでがキャッシングではありません。返済するまでがキャッシングだと言うことをしっかりと理解しておきましょう。それぞれのキャッシング会社の規定を守り、上手に活用していってください。

このページの先頭へ